アーユルヴェーダとは

みなさん、こんにちは。

アーユルヴェーダをご存知ですか?

アーユルヴェーダとはインドの伝承医学のことです。

日本においてはマッサージなど、リラクゼーションのひとつとしてアーユルヴェーダやアヴィヤンガ、シロダーラなどの言葉を聞いたことのある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「ユナニ医学(ギリシャ医学)」「中国医学」「アーユルヴェーダ」と、 古代から伝わる 「三大伝統医学」のひとつで、 5000年前のインドが発祥と言われています。

アーユルヴェーダ(Ayurveda)とは、AYUS(生命・命)と、VEDA(教養・英知)の二つの言葉からなるサンスクリット語で、「生命の科学」などと訳されています。

世界保健機構(WHO)推奨する東洋医学のひとつで、中国の漢方もそのうちのひとつです。

日本においては鍼灸が認められていますね。

アーユルヴェーダは、病気の治療と予防だけでなく、より良い人生を目指すもので、健康の維持・増進や若返り、さらには幸福な人生、不幸な人生とは何かまでを追求しています。

不老長寿を目標とし、八診療科目の中にも不老長寿法が設定されていて、膨大な植物利用体系は、無限の可能性を秘めています。

現在では、先端科学との融合により、健康長寿を実現できる可能性もあります。

当社で販売しているアイチャバンやけしん、リジュビークリームを製造しているイチバンライフ株式会社は、横浜市立大学の研究チームが成果移転型大学発バイオベンチャーとして、美容健康に定評のある多数のアーユルヴェーダ伝承ハーブと不老長寿レシピについて、現代生命科学の最新手法を用いて、様々な角度から生理作用を検証しています。

アーユルヴェーダ理論の科学的検証も行っています。