「髪の支配者」タカサブロウ

みなさん、こんにちは。

今回はアーユルマスターけしんに配合されているタカサブロウをご紹介いたします。

タカサブロウは、キク科タカサブロウ属の一年草で、小さなヒマワリを思わせる形態をしています。

アーユルヴェーダではブリンガラージと言う名で、「髪の支配者」と呼ばれ、脱毛や育毛に効果があるとして古くから使用されてきました。

漢方では旱蓮草(カンレンソウ)と言う名で用いられています。

薬効・有効成分はウェデロラクトンやタンニン、ステロイドサポニン。

髪以外にも、肝臓、腎臓、女性の子宮炎や生理不順、生理痛、冷え性にも効果があると言われています。

タカサブロウを折ると、黒い汁が出てくるのですが、昔の人はこの汁で髪の毛を染めたり育毛に使用していたそうです。

また、最近の研究では、男性ホルモンの産物でAGAの原因物質と考えられている男性ホルモンの一種「ジヒドロテストステロン」の発生を抑制する作用があると言われています。

アーユルマスターけしんでその効果を体感して頂ければ幸いです。

アーユルマスター けしん